大塚淳のサイト

カテゴリー: Uncategorized

Biology & Philosophy 論文投稿ワークショップ

来る2017年10月21日(土)に、Biology & Philosophy誌の編集長であるMichael Weisberg教授(UPenn)を招いて、国際論文投稿・掲載のためのワークショップを行います。

BiolPhilos

Biology & Philosophy誌は、その名の通り生物学と哲学をつなぐ文理横断的領域を扱うジャーナルとして80年代に創刊され、現在は分野のフラッグシップ誌として、概念的問題に関心のある生物学者、生物学的問題に関心のある哲学者、またそれ以外の融合型研究など、様々な分野からの投稿を受け付けてきました。

今年度より編集体制を一新し、近刊『科学とモデル』(名古屋大学出版会)の原著者でもあるMichael Weisberg教授が編集長に就任し、私大塚も編集委員に加わることになりました。そこで、アジアからの投稿数を増やしたいというWeisberg博士の希望により、まず日本で、ジャーナルの概要や投稿プロセス、互いの研究やサジェスチョンなどについてざっくばらんに話合えるような機会を設けることになりました。「生物学と哲学って何の接点があるの?」という方から、「学際研究は興味があるけどネタが・・・」、「ネタはあるけど英語が・・・」、「やる気だけはあるけど他は・・・」という方まで、これを機にぜひご参加いただき、国際的学際研究へのステップとしていただければ幸いです。なお、参加資格・専門分野に制限はありません。

当日はWeisberg教授による説明の他、参加者の方々の自己紹介・質問・お悩み相談・研究紹介などの時間を予定しています。特に、B&P誌への投稿に興味がある方の研究紹介を募集いたします。発表を希望される方は、できるだけ早めに、下記の参加フォームより、発表内容について簡単にお教え下さい。通常の学会発表というより、むしろ論文投稿へのシーズとなるようなものを歓迎いたします。数にもよりますが、だいたい一人10分程度の短い紹介&ディスカッションを予定しています。なお、枠の関係上、希望者が多い場合は発表をお断りすることもあるかもしれませんが、どうぞご了承下さい。可否については、今月末までにメールでご連絡いたします。

参加登録フォームへのリンク

また発表せずに参加だけしたい、という方も、人数把握の都合上、上記フォームよりご連絡いただけると幸いです。もちろん飛び込み参加も歓迎です。

以下が詳細なスケジュールです。

場所:京都大学文学研究科 地下1階大会議室(地図
日時:2017年10月21日(土)

10:00~10:15 Opening remark (Otsuka)
10:15~11:30 Overview of the Journal + Q&A (Weisberg)
11:30~12:30 Short introduction (participants)
Lunch break
14:00~17:00 Research presentations & Discussion
17:00~17:30 Concluding remark (Weisberg & Otsuka)

広告

Kevin Kelly教授講演会

来る6月29日(月)、神戸大学人文学研究科にてKevin Kelly教授(Carnegie Mellon University)の講演会を行います。Kelly教授は現代形式認識論の代表的研究者の一人で、「オッカムのカミソリ」の数理的正当化をライフワークにされています。今回はそのプロジェクトの最新の成果をお話頂きます。皆様ふるってご参加下さい。

時間:2015/6/29(月)午後5:00 – 6:30
場所:神戸大学文学部B棟1階小ホール
タイトル:A Reliabilist Justification of Ockham’s Razor

Kevin T. Kelly, Carnegie Mellon University
Konstantin Genin, Carnegie Mellon University
Hanti Lin, University of California, Davis

Scientists prefer simple, unified, sharply tested explanations over complex, diffuse explanations that rely on multiple coincidences—a bias known popularly as Ockham’s razor.  One can represent that bias in terms of principles or Bayesian prior probabilities, but it is harder to say how such a bias conduces to true belief.   We will present a mathematical argument, based on ideas from topology and learning theory, to the effect that Ockham’s is necessary for staying on the straightest path to the truth, even if that path cannot be perfectly straight.  More precisely, choosing a simplest response to a question is necessary to rule out cycles of belief—affirming, then denying, and then re-affirming a conclusion as inquiry proceeds.  Waiting for information to decide among simplest answers is necessary to minimize reversals of opinion as inquiry proceeds, even though it is impossible to eliminate reversals entirely, due to the problem of induction.  The same ideas can be extended in a natural way to statistical inference, providing a new, frequentist foundation for inductive inference of theories from finite samples.  One important application is the statistical inference of causal information from non-experimental data, which heretofore had no frequentist rationale.

The talk is self-contained, and is intended for a general philosophical and scientific audience.

世話人:大塚淳(神戸大学) x@y where x=jotsuka, y=lit.kobe-u.ac.jp